Cafe 風花<木曽・奈良井宿>

fucafe.exblog.jp ブログトップ

新刊のお知らせ♪

f0238332_14535536.jpg


f0238332_14541894.jpg


f0238332_14543931.jpg



ecocolo (エココロ) 2011年 05月号 [雑誌]

エスプレ





東北関東大震災の影響により、発売が遅れていたこの雑誌。
うちの店に来てくれるお客様の中にも、
ファンが多いこの雑誌。


そして今回の企画は、
“音をめぐる旅”


私と旦那さんが会ったのはダーツがきっかけでしたが、
お酒を飲んで、あんな無口な(笑)旦那さんとよく喋るようになったのは、

実は、音楽がきっかけなんです。(意外と知らない人が多いこの事実(汗))


ギターが大好き、ロックが大好き!という旦那さんに対して、
クラッシック以外なんて、音楽じゃない!(←まあ、ここまで極端ではないですが(汗))という私。

何を言われても、
“結局みんなクラッシックのパクリじゃん。”
“じゃあ、何聴けばいいの??”
“私は絶対ベートーベン。”

と話し始めたのがきっかけでした。

(確かこんな内容だったような・・・。)


気が付けば旦那さんは私以上にクラッシックのCDを聴くようになり、
私も(相変わらずギターの音はちょっと苦手ですが・・・。)コードを覚えて、POPSを演奏するようになり・・・。




今でも私がピアノを練習する傍ら、彼はベースの練習をして、
この冬までにアンサンブルが出来るようになること!!!を目標にしているから、

今考えるとびっくりです。




色んな土地に、
色んな音楽があって、
色んな楽器があって、


それぞれに歴史があって、


考え始めるときりがない。

言葉で表すのも難しい。


しかしながらこの雑誌、その問題を解決!!!

各ページ(取材した土地の写真ページ)に♪Listenマークがあり、
現地の実際の動画がエココロのウェブサイト上で見られるという!!!

土曜日までには店の本棚に戻します(笑)。


それまで、ちょっと私が楽しんでいるかもしれませんが・・・(汗)。



-------------------------------------------------

五穀豊穣を願い、苦悩を喜びに買え、愛する人を想う。
長い歴史のなかで音楽は、いつも人々の心象を表わしてきました。
インターネットを通じて、ワンクリックで、
遠く離れた土地の音、また、時空を越えて過去の音に
出会うことのできる時代。
それは、わたしたちにたくさんの発見をもたらしてくれます。
でも、あるひとつの曲の向こうには、奏でる人々の息づかいがある。
その土地にしか生まれ得ない、“いま”の音楽を。
心にふれる、音の旅へ。


--------------------------------------ecocoloより。


早く旦那さんにも読ませてあげたい♪♪





[PR]
by cafe-fuka | 2011-03-31 15:17 | Cafe 風花の本たち。

木曽・奈良井宿の小さな民家で小さなCafeを営業中♪宿場町の中でゆったりとした時間を楽しんでください♪ 長野県塩尻市大字奈良井375番地 TEL:0264-34-3939


by 風花
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31