Cafe 風花<木曽・奈良井宿>

fucafe.exblog.jp ブログトップ

旅人。

f0238332_116986.jpg
f0238332_117122.jpg


暑い日には、こんな時期には緑の写真がきれいです。



昨晩、お酒の勢いもあって、
twitter,Facebbokを介して、すっごい愚痴を言ってしまいました。(まあ、初めてのことではないですが・・・。)ごめんなさい。

そして、返信をくれた皆さん、本当にありがとう。


どうしようもなく、切なかったのです。




私が今日朝改めて、考えたこと、感じたことをそのまま書こうと思います。

長くなっちゃうかもしれないし、不快に思う方もいるかもしれないので、
スルーしてもらっても、構いません。




昨日は奈良井でピアノのレッスンでした。
レッスンを終えて、よい気分で美味しい生ビールを飲もう!!!と、
みんなで奈良井のうどん屋さんへ入ろうと思ったら、
いつもお世話になっているうどん屋さんのご主人が、外国人の観光客の方に一生懸命身振り手振りで何かを伝えようとしてたんです。

全く日本語が話せない感じだったので、お手伝いしようか・・・と声をかけました。
(まあ、実際に私は“それも旅の苦労だ。”と思って、車から降りようとしなかったんですが、本当に困っていたらしく助けて!!!という状態だったので・・・。)

英語圏の人なのかも定かではなかったので、
英語OKですか????と聞いてみる。
完全に英語圏の人だったので、ちょっと安心して、何に困っているか聞くわけです。

どうも、奈良井で予約した宿を探しているらしい。
その場所をうどん屋さんに聞いていた・・・。

よくある光景で、いつもできる限る説明したり、一緒に行ったりするのだけれど、
そのうどん屋さんは、宿場の町並みから外れた国道沿いにあるので、
予約したという宿までは、結構な距離があるし、道も夜だと分かりにくい。

口で説明は無理かな・・・と思って、
私も携帯電話を持っていなかったので、“地図ある???”と聞くわけです。


国道沿いで迷っているってことは、完全に自分の位置を把握していないわけなので。


そしたら・・・。

“もう疲れすぎて、地図も出せない!!!”

って・・・。

え????

そのバックパックは何のためなんだ???と思っちゃう。

どうしようかな・・・と思って、何とか言葉で説明しようとしたら、

“Listen!!!!”と怒鳴られ、

観光案内所で中山道はどこかと聞いたら、このメインストリートだといわれた。
だから宿を探して5時間歩いたけれど、みんな宿はあの山の中(←まあ、国道から見たら奈良井宿は山の中・・・に見えるんでしょうが・・・。)にあるといわれる。
もう疲れた、
散々だ。
足も痛い!!!!

と、彼の一日の苦労を聞かされたのですよ、そんなの知らんし。と思いつつ。


あげく、
ずっと英語でその文句を私に向かって言った後に、
“なんでこの国はみんな英語が喋れないんだ。”と言う。
私聞いてるし、今喋ってるじゃん。って話ですが。


まあ、一通り文句も言い終わったみたいなんで、とりあえず早く宿に向かって欲しくて、
“分かったから、宿の場所は分かったの???”って聞く。

“分かるわけないだろう!!!英語が通じないんだ!!!”みたいなことを言っている。

“じゃあ、説明するから。”と言っても、

“俺は宿を予約したんだ!!!予約したから来たんだ!!!”

を繰り返して怒鳴る。


はあ・・・。だから。予約したのは分かったから、道は分かったの???って、
ゆっくりトーンを落として聞いてみた。



"F※※※ing Japanese!!!"

って言って、立ち去ろうとしたんです。彼。

えーーーー!!!!

何でーーーー!!!


というより、私も堪忍袋の尾が切れてしまいましたね。さすがに。
なんで道を説明しようと思って、話を聞いていたのに最終的にそんなことを言われなくちゃいけないんだ!!

って思ったら思わず、

“日本語覚えろ!!!”って私まで怒鳴っちゃった。

きっとそれが、相当頭にきたんでしょうね。

“俺は世界中を旅してるんだ!!!インドだってタイだって行ったけど、こんな目にあったことはないんだ!!!日本は最悪だ!!!”と、私のところまで戻ってきてまた怒鳴る。

いや・・・あんまり世界中じゃないし。
私だって、多少海外は行ったけど、そんなに英語が通じない場所で英語で押し通したりしないよ・・・。

まあ、これは後で思った感想ですが。


“日本語で話せ!!!”ってまた怒鳴り返してしまった私に・・・。


彼はまた・・・。
"F※※※ you!!!"
みたいな感じのことを言って、立ち去っていきました。


言葉が分からなくても、私がののしられていることは察してくれたうちの旦那さんは、
そばについていてくれて、
うちの母親は、道が分からないなら宿まで車で連れて行ってあげようかと、車に残っていてくれて。

そんな優しいみんなに、中指突き立てる勢いで、
雨の中、去って行っちゃったんです。



まあ、八つ当たり・・・ですね。完全に。

彼が結局宿にたどり着いて、ちゃんと寝ることができたのかはわかりません。
でも、しっかりバックパックをしょっていたので最悪どこかで眠ることはできたと思います。





さて。本題。

確かに、都心部へ行っても英語が想像以上に通じない・・・(泣)という話はよく聞きます。
私も確かにそう思います。
もうちょっと、英語教育なんとかならんの???と思ったりもしますが、
日本人の人柄。とか、そういうのを考えると、一概に英語を小学校からやればいいってモンじゃない。と思ってます。
しかも新しくできた小学校での英語教育制度。
その英語教師???みたいになるためには、
現状、私くらいの英語力(まあ、困らない程度の会話力しか持ち合わせていません・・・。)があってお金を払って数日学校で教えると、免許取れちゃう。(まあ、他にも過程があったかも知れませんが、想像以上に楽だったのは覚えてます。取ろうかなって思って調べたら。)
実際いい先生になれるかは、そこからの話ですね、きっと。

これは私個人の意見ですが、
子どもは耳がいいから、日本人が教えるべきでは(特に私のように日本語のなまりが取れていない英語を話す人間が。)ないと思っています。

大人の英会話はまた別です。

もう日本語で埋め尽くされた脳に、新しい言語を入れる・・・という作業は、また全く別のこと。



英語が話せたり、英語で物事を理解する。
ということは、
(私も完全ではないので偉そうにはいえませんが、)

いろんな角度からものが見える。
少なくとも、見る方向が一つ増える。

ということじゃないかと。私が大学へ行かず留学を決めたのはそれが一番の理由です。
いろんな国の人と話して、この狭い山の中の常識だけで生きてきてしまった自分の小さな脳みそを、もっと広げたかった。


だから、もっと沢山の人にいい英会話教室に通って勉強して、いろんなことを理解できるようになって欲しい。
とも思う。

(受け売りも入ってます(笑))


まあ、いろいろ話が飛躍しましたが、
もっと日本人も英語が話せてもいいんじゃないか・・・とは思います。私も。


それと同時に。
何を思ったか、中山道という山の中へ来て、英語が通じない!!!と激怒する人もいる。





常によい旅人でいたいなあと思います。
日々の生活でも。
耳は二つあるけれど、口は一つしかないし。
自分以外の人間は、地球上にいっぱいいる。当然ですけど。

私が嫌だ!!!と思っても、それをいい、と思う人もいる。分かり合えないかもしれないけれど、その人たちの意見を聞くことはできる。どうして好きなの??って。
それに同意できなくても、そうか・・・って。そういう風に考えたり感じたりすることもできるんだって、
少し歩み寄ることはできる。

この心の余裕は常に持っていたいし、そのためのツールとして一つでも言語が増えればもっとわかるかもしれない。


よくここで店をやっていて耳にする観光客の言葉。

あちこちの観光地へ行っている人たちなんでしょうけど、

“ここも妻籠や馬籠と変わんない!!!”ってつまらなそうに歩いている人と、
“ここも面白い町だねえ♪”って楽しんで歩いている人がいます。


前者はきっと何処へ行っても、同じようにしか感じ取ることができないし、
後者はきっと、その場所場所で、自分なりの楽しみ方を知っているんだろうな・・・、

なんて考えながら、町並みを眺めています。



それも、一つ。
きっと楽しそうな人って、自分の楽しい場所や楽しみ方を分かっているんだろうし、
それって人生でとても大切なことだと思うんです。

これは前にも、ブログにちょっと書きましたけど。




吸収力のある、スポンジのように生きたいなあって。思いました。昨日。

そうしたら、もっと楽しみ方も増えるかな。
いろんなことを、聞ける人間になるかなあって。

そういう旅人のように生きて生きたいなあ。ってつくづく思った日でした。




日本でも、何処でも。




彼が、この後少しでも日本を楽しんでくれれば・・・と心から願います。
せっかく日本へ来たんだから。
日本人は親切だし、日本の文化もすばらしい。

それを感じてくれれば。

少なくとも昨日までの時点で、それができていたようには見えなかったから。

いつまで日本に滞在するかは知りませんが、日本にきて良かった。楽しかった。って、帰るまでに一瞬でも思って欲しいです。




(心の叫びは、早く大好きな自分のおうちに帰ればー・・・。ですけどね。そんなにできた人間じゃないから(汗))



長々すいません。


最後まで読んでくれてありがとうございます。


ここで店を始めてから英語喋る機会が増えて、
一回英語なんか、もう喋りたくない!!!って思っちゃった自分がいなくなって、
だいぶまた喋るようになったんだけど。

勉強しないとなあ・・・。

でも恐ろしくて、今の英語力で改めてTOEICとか受けれない・・・(笑)。
[PR]
by cafe-fuka | 2011-07-03 12:11 | Cafe 風花の独り言。

木曽・奈良井宿の小さな民家で小さなCafeを営業中♪宿場町の中でゆったりとした時間を楽しんでください♪ 長野県塩尻市大字奈良井375番地 TEL:0264-34-3939


by 風花
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30