Cafe 風花<木曽・奈良井宿>

fucafe.exblog.jp ブログトップ

簡単なこと。だと思うのです。

f0238332_1594124.jpg
f0238332_1510786.jpg


ecocolo (エココロ) 2012年 05月号 [雑誌]

エスプレ



最近とてもよく思うこと。
なんかドラマで言ってたような台詞かもしれません・・・。が。

エコだとか、ロハスだとか、スロウライフだとか・・・。


私はこの話題に、時々ものすごく違和感を感じます。



お金は使わないと、経済は回らない。
でも、昔はちゃんと回ってた。

よく、バブル期を経験していた人たちは、“あの頃は・・・。”っていうし、

あと、お客さんの話に聞き耳立ててても(汗)、
みんなお金の話好きだなーって思う。

そんな持ってても、
元々お金持ちの人なんて少ないから、困る気がするんだけど・・・、とか思っちゃうくらい。



でもなんだか、エコとかロハス的な???話題にもすごく熱心だったり雑誌で読んでいたりする。


うちの店。
私は偶然にもこの“奈良井宿”という宿場町の生まれだったので、
こんな素敵な家を借りて、店を始めることができたわけなんですが、

“若い人は古い家を使って、素敵なお店を作るねー!!!”って言ってもらえることが多いです。



家、そのモノにはほとんど手をつけることなく、
この店をつくることができました。

でも、工事の担当の人は、いろいろ手を付けたがってたなあ・・・。
あれをすればもっとキレイになる、とか、
これをすれば、もっとよくなる、とか。


あまりにももともとの家の雰囲気をを大切にしないご意見が多く、
断固拒否!!!でしたが(笑)。




ここまでいい話はないにしても。


例えば、
うちの向かいの家では、小学生になる子からまだ1歳くらいの子までの4人兄弟がいるんですが、
その子達の曾おじいちゃんにあたる人が作ってくれた木の滑り台で遊んで、
たまに表まで、勢い余って飛び出てくるほど・・・(笑)。


ここまで極端でないにしても。

私も小さい頃といえば、
祖父が木工大工だったこともあって、手作りのおもちゃがいっぱいあったし、


あ、ほうき掛けるところがないな・・・。
釘はあったな・・・。

と思えば、釘でほうき掛けを作る(←作る・・・とまでは言いませんね(笑))。

これはうちの母親もそう。

公民館には小さな図書館の支所みたいなところが週に数日のみ開館していて、
昔は本もなかなか買ってもらえなかったから、
開館日が楽しみで、
そこへ行っては、本を読んでた。




そんな、ごくごく当たり前のことだと思うんです。


特に今、こんな山の中で生活しているから、
コンビニエンスストアも徒歩では行けないし、
DVDもCDも借りにいけないし。

そんな買い物もままならない場所なので・・・。

メニューとか読みにくいって言われちゃうときもあるけど、
いつ金額やメニュー構成が変わるか分からないし、
ああいうのって、変更があるたびにお金かかるし・・・(汗)。

とにかく、すぐに用紙も買いにいける場所じゃないのです!!!
だから開店当初から、うちのメニューはずっと私の手書き。


お店始めるって言っても、それはお金がもっとあったら何か手をつけてしまったかもしれないけど、
十分すぎるほどの家があって、

お金をかける必要性も見当たらなかったし、
後は自分の好きな小物や本を並べれば、店の全体図が描けたし。





古くて隙間風も入ってきちゃうから、
お客さんにはふんだんに(???)ひざ掛けを用意して、とりあえず暖を取ってもらえるようにして。







こうあれこれ考えてみると、
“家を建てよう!!!”“節約しよう!!!”“無駄なものは買わないでおこう!!!”

って、
ものすごくシンプルなことだと思うんです。

私もお酒、タバコ・・・には惜しみなく(笑)お金使うし。
みんなお金使ってくれないと、困っちゃうし(汗)。


でも、大げさでなくても、
昔自分のおじいちゃんやおばあちゃんがやってくれていたこと。
自分も小さくて、買い物にもいけずに何とか方法を編み出してやっていたこと。

それだけで十分、モノの見方が変わってくる気がする。





すぐにエコだ、ロハスだ、スロウライフだ!!!じゃなくて。
例えば、自分はこれはできるけど、これは新しく買わないと無理だなあ・・・って思ったら、
大体の自分のできることって、趣味だったり好きなことだったりするから、自然とやってるんだと思うんです。



例えば・・・。

私がお気に入りの洋服に(仕事柄)漂白剤を飛ばしてしまって、色が抜けちゃって、ずっと着れなくて・・・。
でも同じもの売ってないし、

裁縫箱、実家に置きっぱなしだったし時間もなかったので、

先日、いい年して恥ずかしいけど・・・。
母に“どうにかしてーー!!!!”って泣きついたら、

何ともキレイに、色抜けした部分をごまかして、
フツーに着れるようにしてくれた、

とか。

そういうこと。



逆に大袈裟に考えると、気がつくと間逆のことしてる・・・。

人が多い気がする・・・。


と、
そんなことを考えておりました。


慣れてしまえば、そんなに困らない♪

私が辛いのは、日照時間が短くて冬が長いこと・・・。それだけです(笑)。
[PR]
by cafe-fuka | 2012-03-31 15:45 | Cafe 風花の本たち。

木曽・奈良井宿の小さな民家で小さなCafeを営業中♪宿場町の中でゆったりとした時間を楽しんでください♪ 長野県塩尻市大字奈良井375番地 TEL:0264-34-3939


by 風花
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30