Cafe 風花<木曽・奈良井宿>

fucafe.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:Cafe 風花の本たち。( 55 )

ゲット!!!

f0238332_1391033.jpg
f0238332_1394221.jpg


以前、ブログにて紹介させていただいたこちらの雑誌。

村上春樹を知りたい。 (学研ムック)

学研マーケティング



家用と店用、2冊購入したのですが、

ついにゲット!!!(ついに、というほど、私は探しておりませんでしたが…。)

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年

村上 春樹 / 文藝春秋



本当に偶然、
昨日本屋さんへ全く違う用事で行ってみると、大きな本屋さんだったためか、

まだ10冊くらい残ってました♪♪


ノルウェーの森

ノルウェイの森 文庫 全2巻 完結セット (講談社文庫)

村上 春樹 / 講談社


から読み始めたミーハーな私と、

風の歌を聴け

風の歌を聴け (講談社文庫)

村上 春樹 / 講談社



からずっと読んでいる旦那さんの、でこぼこ夫婦ですが、

なかなか本屋さんの営業時間に仕事が終わらないうえ、土日は私と一緒に奈良井へ来てしまうので、
買えずにいた旦那さん。

2冊あっても、うちは困らないし…。

と思って買ったら、
とても喜んでいて♪♪

なので、旦那さんが読み終えるまで、うちの店には置けませんが(汗)。

一応、新刊のお知らせです♪♪



ちなみに、私の好きなのは、こちら♪

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

村上 春樹 / 新潮社


こちらも、ノルウェーも、あとカフカは洋書もあります♪♪(あ、ねじまき鳥は私が今読んでます(汗))

The Wind-Up Bird Chronicle

Haruki Murakami / Knopf


Kafka on the Shore

Haruki Murakami / Knopf




そして、CDを聴きながら読めたら最高だなああ…と思っていた本が、
どこでニュースを見たのか覚えていませんが、

CDつきで発売されるらしい!!!楽しみな一冊♪♪

小澤征爾さんと、音楽について話をする

小澤 征爾 / 新潮社



本当にこれは面白かったです!!!


と、こんなわけで、
朝旦那さんが喜んでくれたので、

その浮かれ気分のまま、こんな本だらけのブログを書いてしまいました…。



ちなみに写真の雑誌ですが、
1Q84だったり、世界の終わり…とかの、相関図が結構詳しく書かれているので、
これから読むぞー!!!という方は、そのページ飛ばした方がいいかも…。

これは個人的な感想です。

私はまだ相関図がわかっていない本があるので、
そのページを見た瞬間、読むのをいったん停止、しました。


松本にも、もう少し大きな本屋さん、できないかなあ…。
[PR]
by cafe-fuka | 2013-04-20 13:28 | Cafe 風花の本たち。

ゆっくりと…。

f0238332_13365886.jpg

コンビニで先週見つけて、家用と店用、2冊買ってしまいました♪

f0238332_13375291.jpg

私の心の休憩場所…。

f0238332_13383430.jpg

新刊です♪♪

f0238332_13392392.jpg

先日あまりにやる気が出ず、
お座敷で一人で久しぶりに読み入ってしまいました。

f0238332_13402764.jpg

こちらも久々に読みふける…。

f0238332_1341096.jpg

この雑誌とは関係ないのですが、
学生の頃、本当にしんどくて、どうしようか…と思っていた時に、
いろいろ助けてくれたのが、
電車の中でいつも読んでいた、小説です。
その本は今も、店にあるのですが、

私の考え方の中心がその本そのもので(笑)、読まれると少し恥ずかしかったりします。

まだ旦那さんと付き合い始めたころ…。

もちろんダーツバーで知り合ったので、ダーツが一番の共通の趣味…なのですが、

仲良くなったきっかけが、
音楽トークと、本、でした。

村上春樹さんが大好きなうちの旦那さん。
私はちょっとモノによって、読めたり読めなかったりするんですが、

私の好きな本も教えて。と言われて、素直に答えてしまい(笑)、本当に恥ずかしかった…。

そして、
私のトイレットペーパーへのこだわり(汗)。
“柄なし、色なし、香りなし”。
を聞いた旦那さんに、

“ねじまき鳥???”と聞かれたのを覚えています…。(本の影響ではありません!!!ねじまき鳥を読む前からです!!!)

ねじまき鳥クロニクル〈第1部〉泥棒かささぎ編 (新潮文庫)

村上 春樹 / 新潮社



なんか、そんな感じで、
仲良くなっていくこともあるんですね。

f0238332_13484419.jpg

今、バックナンバーをそろえたいけれど、
店が暇で、
しかも面白いだけあって、結構なお値段なので…。少しずつ買い集めようと思っている雑誌です。


こんな感じに、

最近、“Cafe風花の本たち。”をほとんど更新できていませんが…。

ちょこちょこ、店の本、増えてます。

どうしてもここ数年、愛読していた本が休刊になることが多く、
ネット上で…と言われても、
やっぱり手元にあって、ふとした時に読みたい私としては、

なかなか読めなかったりしていますが。


今日、床の間の掃除中に、
懐かしい本を読み始めてしまいそうになり…。これでは店を開けられない!!!と慌てて閉じました…(笑)。←掃除あるある(笑)。


自分の好きな本を、店に並べるのは、
ある意味、ブックカバー無で電車で本を読んでいるのと同じくらい((←最高の離婚の中の瑛太くんのセリフにあって、思わず、うん、うん!!!と同調してしまった…。)、
結構恥ずかしいことなのですが、

そんな店の中で、
本をゆっくり読んでくれるお客さんがいると、

私もほっとします♪♪♪


今日また久々に、きれいに本を並べなおしました。

ゆっくり遠慮なく、
くつろいでいってください♪♪♪


私もどこかゆっくりできて、煙草が吸える(←これが最近難しくて…。)喫茶店で、
お気に入りの本を読みたい…けど時間がない…。

自分の店だと、
自分でコーヒー淹れなきゃいけないんですよね…。

大きな問題(笑)。

とりとめのない、記事になってしまいましたが…。


ちょっと立ち止まってみるのも、大切ですね。
[PR]
by cafe-fuka | 2013-04-11 14:01 | Cafe 風花の本たち。

お仕事、のこと。続きみたいな感じ。

f0238332_15514668.jpg


お店を始めたばかりで、まだ野心!!!みたいなものが一杯で背伸びしていた頃のことを恥ずかしながら思い出します(笑)。

めっちゃ働いてたー♪♪

もう、今よりずっと体も弱かったので、
朝起きて、全然ダメ・・・みたいなことも多くて、

休まなくちゃいけないくらいしんどいときは、本当に涙流しながらの決断!!!だったのに、
何だ???ココ最近のゆるさ(笑)。


-----------------------------------------------


この全く勇ましくも雄々しくもない私のもって生まれた仕事は絵を描くことなのだ。たくましい、人をふるいたたせるような油絵ではなくて、ささやかな絵本の絵描きなのである。そのやさしい絵本を見たこどもが、大きくなっても心のどこかにとどめておいてくれて、何か人生のかなしいときや、絶望的になったときに、その絵本のやさしい世界をちょっとでも思いだして心をなごませてくれたらと思う。それが私のいろんな方々へのお礼であり、生きがいだと思っている。


-----------------------------------------------------


ecocolo (エココロ) 2012年 09月号 [雑誌]

エスプレ




この言葉は、私も以前から大好きで、心に留めておきたくて、
手帖に書いてあります。

いわさきちひろさんのことば。



諦める理由はいくらでも転がっているけど、始める理由は自分で探すんだぞー!!!

これは私がいつも自分に言い聞かせている自分のことば(笑)。


いつまでも感謝しながらお仕事をしたいです。
今日の夜は、そんなことを考えて眠る一日にしようかと・・・。

ちょっと感傷的???(笑)。


新しいecocoloも、相変わらず店内に置いてあります♪♪
私が持ち歩いているとき以外は(笑)。


ecocoloゾーン(←私はこう呼んでおります♪)も昨日掃除済み!!!

ゆっくりくつろいでいってくださいね♪♪♪




あ、引用ついで(ついで、は失礼ですね(汗)すいません!!!)

-------------------------------------------


それにしても、
日本人は、なぜ、「気をつけて、気をつけて」を
頻発するのだろうか?

日本人は挨拶がわりに「心配」をする。

ちょっと連絡がないと「体を壊していたのではないか」、
元気な人にも「お体に気をつけて」、
病気がちでそれを言われたくない人にも「お元気で」‥‥。

たぶん日本人である私たちは、
それに相当する言葉がないだけで、
こう言いたいのだと思う。

I LOVE YOU!

--------------------------------------------------


http://www.1101.com/essay/2012-08-08.html


暇な時間にネットサーフィンして、
色んなものを吸収すること。

これが今の私のお仕事かもしれません。


昔のブログとか読んでると、結構くさい事言っててはずかしー!!!
[PR]
by cafe-fuka | 2012-08-08 16:10 | Cafe 風花の本たち。

東北のうた。

f0238332_1343116.jpg
f0238332_1362415.jpg


ecocolo (エココロ) 2012年 07月号 [雑誌]

エスプレ



今月号のecocoloは、
その名も、
“東北のうた”。

読んでいる途中、自分のふがいなさに泣けてきてしまって、
ちゃんと読みきれなかった私。情けない。


ただ、ふと読んでいて、
叔父のことを思い出しました。

そのおじさんは、もう10年近く前に亡くなってしまったのですが、
(こんなことをいうのもなんですが・・・(汗))
一番好きなおじさんでした。

いつも私のピアノを聴いてくれて、意見してくれて、
そのおじさんの言葉は、今でも私が、特にベートーベンを弾くときに思い出します。


そのおじさんは、大学が東北で、
6年間??4年かな???忘れちゃったけど、学生時代を東北で過ごしていて、

よく、
“東北の人は、本当に強い。”と言っていたそうです。



震災の後、私も母も少し動揺していて、

そんな時、母のお姉さんでありそのおじさんの奥さんであるおばさんが電話をくれ、

“いつもお父さんは、東北の人は本当に芯があって強いって言ってた。だからきっと大丈夫。”
と、
励まして(???)くれたらしいのです。



一生懸命、なにか自分にできることを!!!といきがっていた私ですが、
結果その緊張の糸が切れた瞬間に、
何もできなくなってしまった昨年の秋。

店まで長期にわたって休んでしまい、

今も。

こうして雑誌を手にとっても、しっかり読むこともできない。


本当に弱い人間。



と、情けない気持ちになりながら・・・。




また話は違うのですが、以前ニュースで被災地からの瓦礫の受け入れの状況を見ていました。
九州地方で受け入れようとしたところ、
住民からの拒否が。

そのときに、反対していた人が、
“放射線被った瓦礫を、ここへ持ってくるな!!!”と叫んでいたんです。


自分だったらどうしただろう。




何もできないので、何もいえないけれど、
ちゃんと事実を受け止められる、ちゃんと考えられる人間になりたい。
と、
そのニュースでも、今回の特集でも、
痛いほど、感じました。


話がまとまらなくて・・・すいません(汗)。


ただ、皆さんにも読んで欲しい。と思って書き始めたブログだったのですが、
どうも文章の着地点が見つかりませんでした・・・。
[PR]
by cafe-fuka | 2012-06-07 13:27 | Cafe 風花の本たち。

こうありたい。と思う時間。

f0238332_1361229.jpg
f0238332_1383116.jpg


最近何かとお休みの日も忙しくしていた私。
そろそろ一旦落ち着きそうです・・・。

そんな感じで、ゆっくり店のことを考えたり、本を読んだり、

そんな時間を失ってました、完全に。



焦るばかりで、そういう時間をなくして、体調を崩してしまった自分の自己管理能力の少なさに、げんなり。



今日の朝は久々にいつもより早い電車で奈良井へ来たのですが、
学生もうるさかったので(←本当にここの学生・・・、何とかして欲しい・・・。)、
読書(といっても雑誌(笑))に没頭することに。


ku:nel (クウネル) 2012年 05月号 [雑誌]

マガジンハウス




f0238332_1315043.jpg


この雑誌にはいつも、
ありのまま???という言葉が適切かどうか分からないけれど、
素敵な女性の仕事ぶりや日常が書かれていて、

その人たちはいつもたくましくて。

こういう人間でありたいと、思わせてくれます。



うちに来てくれるお客さんも、この雑誌のファンは多く、
私もかなり昔から購入しているので、
バックナンバーを読みにこられる方もいるほど。



きっと、お茶をしながら、
そんな風にみんな思っているのかなあ・・・、と私はカウンター越しに、そんな方たちを眺めているのですが。



今月号、お座敷の定位置に置いてます♪♪

ゆっくり楽しんでいってください♪
[PR]
by cafe-fuka | 2012-04-13 13:21 | Cafe 風花の本たち。

簡単なこと。続き。

f0238332_16225464.jpg


続き。

簡単なことって言っても。

最近うちの親が車を買い替えたんですが、
この辺は4WDじゃないと、冬雪の中走れないので・・・。どうしても4WDになっちゃって、エコ・カー的なものに乗れないとか。

私は運転しないので、分からないんですが・・・。

でも田舎な分、車じゃないと不便で仕方ないとか。


それでも、お年寄りが多いからって、
未だに野菜や魚や、牛乳とか売ってるトラックは来てくれるし(使わないですが(汗))。

私はそのマイクから聞こえてくる珍妙な歌が大好き♪(←人が住んでる観光地って感じで、楽しい!!!)なんだけど、
やっぱり観光客の方からすると、
うるさいって思う人もいるみたいだし。




お互い様な世の中だなあ・・・。
[PR]
by cafe-fuka | 2012-03-31 16:28 | Cafe 風花の本たち。

簡単なこと。だと思うのです。

f0238332_1594124.jpg
f0238332_1510786.jpg


ecocolo (エココロ) 2012年 05月号 [雑誌]

エスプレ



最近とてもよく思うこと。
なんかドラマで言ってたような台詞かもしれません・・・。が。

エコだとか、ロハスだとか、スロウライフだとか・・・。


私はこの話題に、時々ものすごく違和感を感じます。



お金は使わないと、経済は回らない。
でも、昔はちゃんと回ってた。

よく、バブル期を経験していた人たちは、“あの頃は・・・。”っていうし、

あと、お客さんの話に聞き耳立ててても(汗)、
みんなお金の話好きだなーって思う。

そんな持ってても、
元々お金持ちの人なんて少ないから、困る気がするんだけど・・・、とか思っちゃうくらい。



でもなんだか、エコとかロハス的な???話題にもすごく熱心だったり雑誌で読んでいたりする。


うちの店。
私は偶然にもこの“奈良井宿”という宿場町の生まれだったので、
こんな素敵な家を借りて、店を始めることができたわけなんですが、

“若い人は古い家を使って、素敵なお店を作るねー!!!”って言ってもらえることが多いです。



家、そのモノにはほとんど手をつけることなく、
この店をつくることができました。

でも、工事の担当の人は、いろいろ手を付けたがってたなあ・・・。
あれをすればもっとキレイになる、とか、
これをすれば、もっとよくなる、とか。


あまりにももともとの家の雰囲気をを大切にしないご意見が多く、
断固拒否!!!でしたが(笑)。




ここまでいい話はないにしても。


例えば、
うちの向かいの家では、小学生になる子からまだ1歳くらいの子までの4人兄弟がいるんですが、
その子達の曾おじいちゃんにあたる人が作ってくれた木の滑り台で遊んで、
たまに表まで、勢い余って飛び出てくるほど・・・(笑)。


ここまで極端でないにしても。

私も小さい頃といえば、
祖父が木工大工だったこともあって、手作りのおもちゃがいっぱいあったし、


あ、ほうき掛けるところがないな・・・。
釘はあったな・・・。

と思えば、釘でほうき掛けを作る(←作る・・・とまでは言いませんね(笑))。

これはうちの母親もそう。

公民館には小さな図書館の支所みたいなところが週に数日のみ開館していて、
昔は本もなかなか買ってもらえなかったから、
開館日が楽しみで、
そこへ行っては、本を読んでた。




そんな、ごくごく当たり前のことだと思うんです。


特に今、こんな山の中で生活しているから、
コンビニエンスストアも徒歩では行けないし、
DVDもCDも借りにいけないし。

そんな買い物もままならない場所なので・・・。

メニューとか読みにくいって言われちゃうときもあるけど、
いつ金額やメニュー構成が変わるか分からないし、
ああいうのって、変更があるたびにお金かかるし・・・(汗)。

とにかく、すぐに用紙も買いにいける場所じゃないのです!!!
だから開店当初から、うちのメニューはずっと私の手書き。


お店始めるって言っても、それはお金がもっとあったら何か手をつけてしまったかもしれないけど、
十分すぎるほどの家があって、

お金をかける必要性も見当たらなかったし、
後は自分の好きな小物や本を並べれば、店の全体図が描けたし。





古くて隙間風も入ってきちゃうから、
お客さんにはふんだんに(???)ひざ掛けを用意して、とりあえず暖を取ってもらえるようにして。







こうあれこれ考えてみると、
“家を建てよう!!!”“節約しよう!!!”“無駄なものは買わないでおこう!!!”

って、
ものすごくシンプルなことだと思うんです。

私もお酒、タバコ・・・には惜しみなく(笑)お金使うし。
みんなお金使ってくれないと、困っちゃうし(汗)。


でも、大げさでなくても、
昔自分のおじいちゃんやおばあちゃんがやってくれていたこと。
自分も小さくて、買い物にもいけずに何とか方法を編み出してやっていたこと。

それだけで十分、モノの見方が変わってくる気がする。





すぐにエコだ、ロハスだ、スロウライフだ!!!じゃなくて。
例えば、自分はこれはできるけど、これは新しく買わないと無理だなあ・・・って思ったら、
大体の自分のできることって、趣味だったり好きなことだったりするから、自然とやってるんだと思うんです。



例えば・・・。

私がお気に入りの洋服に(仕事柄)漂白剤を飛ばしてしまって、色が抜けちゃって、ずっと着れなくて・・・。
でも同じもの売ってないし、

裁縫箱、実家に置きっぱなしだったし時間もなかったので、

先日、いい年して恥ずかしいけど・・・。
母に“どうにかしてーー!!!!”って泣きついたら、

何ともキレイに、色抜けした部分をごまかして、
フツーに着れるようにしてくれた、

とか。

そういうこと。



逆に大袈裟に考えると、気がつくと間逆のことしてる・・・。

人が多い気がする・・・。


と、
そんなことを考えておりました。


慣れてしまえば、そんなに困らない♪

私が辛いのは、日照時間が短くて冬が長いこと・・・。それだけです(笑)。
[PR]
by cafe-fuka | 2012-03-31 15:45 | Cafe 風花の本たち。

吉本隆明さん。

f0238332_1358526.jpg

f0238332_13584042.jpg



何度かブログにも、書かせていただいた、
吉本隆明さんの、ことば。

---------------------------------------------------

とどまればさしあたり生活に困らないだろうが、
自分の魂を腐らせると、
どんないいところと他人は言っても、
とどまらない方がいいよ。
と言ってくれた教授がいました。
生活上の苦労はしましたが、
長期の展望では不都合ではありませんでした。
僕は元気を与えられた気がして、
ただ一人でその勤め先を辞去しました。


-----------------------------------------------------


私は難しい本は読めないし、
ほぼ日刊イトイ新聞を介してしか、
なかなか読む機会がありませんでしたが、

このことばが、支えのひとつで、
手帳にも書き留めている、
忘れないようにしていることばの一つです。



心よりご冥福をお祈りします。
[PR]
by cafe-fuka | 2012-03-17 13:57 | Cafe 風花の本たち。

大人買い。

f0238332_17173341.jpg
f0238332_17181325.jpg


時折ふと思いついて、やってしまう。“大人買い”。

どうしてこんなに快感を得られる行為なんだろう・・・と(お財布さえ見なければ(笑))、
年に数回やってしまうこの“大人買い”を、

先ほど終了したところ。



BRUTUSの欲しかったバックナンバーを、
お財布の許せる範囲内で(汗)購入しました♪♪♪

BRUTUS (ブルータス) 2012年 3/1号 [雑誌]

マガジンハウス


こちらは最新刊。

とても面白かった♪

バックナンバーもずっと欲しいな・・・と思いつつ、

雑誌の趣味がとてもよく似ているダーツバーへ行っては、
ダーツを投げる前に、雑誌に一通り目を通す・・・という・・・。


で、よし、買おう!!!と思って、店に来る頃には・・・。

“でも今月本いっぱい買っちゃったし、また今度にしよう・・・。”という・・・。



そんな感じでしたが、ついに手を出してしまいました!!!



ほぼ日刊イトイ新聞の本たち。も、ほぼ大人買い・・・。

思い出したら、思い出になった。

糸井 重里 / 東京糸井重里事務所

あたまのなかにある公園。

糸井 重里 / 東京糸井重里事務所




さて、また数ヶ月したら、
こちらから・・・。


エココロ.com


昨年はゆっくりこちらのHPも堪能しよう!!!と思っていながら、
店のあまりの忙しさにかまけて・・・。

なかなか目を通したり、自分のために吸収している時間が作れませんでした。


とりあえず・・・“島もよう”を狙っております(笑)。




今週末にはBRUTUSが充実している予定♪♪♪

皆さんお楽しみに♪


(ちなみにうちの店、BRUTUSは点在してます・・・。(他の雑誌はまとめて置いているんですけど。読みたいものは、店内をあさってください(汗)←時々私も何処に置いたか忘れて探してます・・・。)
[PR]
by cafe-fuka | 2012-02-23 17:31 | Cafe 風花の本たち。

私の仕事場。

f0238332_19483321.jpg

f0238332_19492364.jpg

f0238332_195036.jpg



---------------------------------------


職業を持ち、どこにも属さず、ひとりで働く。


誰もが?身の丈に合った限られた空間を工夫しながら心地よくしつらえていました。

棚や引出しの中身を見せてもらいながら話を聞くと、
主に仕事に対する姿勢や心構えが見えてきました。

仕事場は、その人自身を映す鏡なのです。

-------------------------------


今月のku:nelより。




ひとりでやっている分、
色んな面で、
自分の仕事のサイズ…とか、
仕事場のサイズ…とか。

それは物質的なことだけではなくて。


仕事だったり、プライベートなことでも迷走していると、
サイズ(私はサイズ、と自分の中で言っているのですが。)感が分からなくなってしまう。



突然、色々試したくなって、
ぐちゃぐちゃ(物質的にも、精神的にも。)になってしまったり。

逆に、
気持ちに整理がついていると、
落ち着いていると、

仕事場も全て、
仕事場だけじゃなく、気持ちも。

あるべき所に落ち着いている。




私はまだ、そのサイズ感や気持ちの置きどころを作るのがとても下手で、

こういう女性にすごく憧れています。


私も早く、こうでありたいと。




極端に言うと、
大工さんが下げてるバッグ?というのか?あの、腰から下げてるやつ。


あんな感じで、
物質的にも、精神的にも、
収まって…っていうのも、変な言葉ですが。


そんな感じ。


当たり前のことなのに、
すごく難しい。


f0238332_20123515.jpg



こんな感じ。
[PR]
by cafe-fuka | 2012-01-27 19:47 | Cafe 風花の本たち。

木曽・奈良井宿の小さな民家で小さなCafeを営業中♪宿場町の中でゆったりとした時間を楽しんでください♪ 長野県塩尻市大字奈良井375番地 TEL:0264-34-3939


by 風花
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30